刃の交換?刃を研ぐ?

自炊用(自分でスキャン用)に断裁機PC009を買うかどうか迷っているあなたに、耳寄りな口コミ情報がありましたので紹介します。

切れ味がわるくなったらどうしよう?って心配していませんか?

その、切れ味が悪くなったときにどうするか?の良い方法がありました。

以下、アマゾンのレビューを引用

自炊をする為に裁断機を探していたところ、価格が安く評価も高かったので本機を購入しました。
おおむね皆さんのレビューの通りだと思いますが、個人的な感想を少々

・重量が重い為移動が大変であるがその分裁断時の安定度は高く、裁断途中にずれたりするような事はありませんでした。一応取っ手(?)があるので持つ事自体は楽です。

・確かに油が多く付着していますが、稼動部辺りのみで本体全体が汚れているわけではなかったので特に気にはならなかったです。使用する前に一度拭いただけで以降は特に気にもせずに使えています。
個人的に臭いはほとんど気にならなかったですね。

・本を押さえる(ハンドルでまわす)押さえが少し弱いかもしれません。私は他の方のレビューにあったとおり押さえが本に当たる部分に厚さ2mm程度のゴム板(ホームセンターで購入。片側に両面テープが貼ってあったので簡単に貼る事ができました)を貼ってみたところ、以降押さえのハンドルを懇親の力をこめてまで抑えなくてもズレなくなりました。
まぁ自分は多少ずれても気にならない人なので、気になってないだけかもしれませんが・・・

・切れ味に関しては特に不満はありません。価格から見て充分ではないでしょうか。しかし50冊程度でしょうか、その辺りからだんだん切れ味が悪くなってきました。100冊程度で一度刃をはずして見てみた所、少々ですがあきらかに刃が欠けているのが分かりました。
ので、包丁などを簡易的に研ぐ「シャープナー」で研いでみたところかなり切れ味が復活しました。本格的に研ぐ事は私のような素人には難しいですが、セラミックなどで出来たシャープナーで軽くこするように研ぐだけである程度は復活できたので他の人でも簡単に研げると思います。
替え刃自体が3500円程度と安いのも良いですね。

個人的には重さと大きさ以外には特に不満は無く大変満足です。
これとscansnapのおかげでわずか1週間程度で簡単に本棚を空にする事ができました。オススメです。

一般的な包丁のシャープナーで刃が研げる!
これは嬉しい発見ですね。

刃を使うモノですから、切れ味が悪くなっていくのは当然。
買う前から、定期的に刃を研ぐことを前提に買うべきです。

それが、価格が安いシャープナーで、簡単にできるんですからありがたい。
いちいち交換用の刃を買って交換していたんじゃ、結構懐が痛みますからね。

買う前にこういうアイディアがもらえるから、
AMAZONのレビューをはじめ口コミは大好きです。

あなたも今すぐ、断裁機「PC009」のレビューを読んでみて下さい。
きっと、嬉しい発見がありますよ。
(下のリンクからどうぞ)

関連記事

関連記事はありません

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ

FX入門塾