なぜ音質が良いのか?

audio-technicaのカナル型ヘッドホン「ATH-CKM99」は音質がいいことで評判です。
では、なぜ音がいいのか?

ちょっと調べてみました。
ポイントは3つあるようです。

1)ハイブリッドメタル構造とケースダンパーで不要共振を抑制

まず、本体には2種類の金属を使用。
チタニウム切削×ステンレスでハウジングが作られています。つまりハイブリッドメタル。
それから、ケースダンパーと呼ばれるフローティング構造になっています。

この2つが、余計な振動をなくします。澄みきった高音質再生に一役買っているんですね。

2)新開発ATH-CKM99専用φ14mmドライバーで表現力豊かな広帯域再生。

audio-technicaのカナル型ヘッドホンの中で最大口径のドライバーをつかっているそうです。
そのサイズはなんとφ14mm!
すごいな。

3)高域特性を改善し自然な音の広がりを実現するアコースティックレジスター搭載。

ステンレス製アコースティックレジスターを搭載しています。
難しいことはヌキにして、これが高域特性を改善しているそうですよ。
広がりのある自然な音が楽しめるってことです。

以上3点が、audio-technicaのカナル型ヘッドホン「ATH-CKM99」が
音質がいいヒミツです。

どれだけ音がいいか?それはAmazonのレビューで知ることができます。
下のリンクから飛べますから、ぜひ、読んでみてくださいね。

関連記事

関連記事はありません

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ

FX入門塾